読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水虫やっつけ隊!

水虫を本気で治したい!そんなあなたを助けるブログです。

水虫で足が臭い!今すぐ何とかしたいその悩みの原因と対策

f:id:komakosensei:20160928214034j:plain

水虫で足が臭い!今すぐ何とかしたいその悩みの原因と対策

水虫が悪臭を放つようになると、うかつに靴を脱ぐことすらできなくなります。この臭いの原因は、実は水虫の原因菌白癬菌ではないのです。原因を探れば、おのずと対策方法が見えてきますよ。

 

水虫で足が臭くなる原因は?

水虫になってしばらくすると、足がものすごく臭くなることがあります。ですが、水虫にかかっている人みんなの足が臭くなるわけではありません。

 

水虫の原因は、白癬菌というカビの一種が皮膚の角質層に入り込むことです。しかし、臭いを発している原因は白癬菌ではありません。

 

白癬菌は、角質層の中のケラチンという堅いたんぱく質が大好きです。白癬菌が角質層の中に入り込むと、どんどんケラチンを食い荒らしていきます。

 

しかし、人間の身体だって白癬菌を野放しにしているわけではありません。白癬菌を排除する為に免疫機能が働き、リンパ球やリンパ液が放出されます。

 

リンパ液や汗によって、水虫にかかっている足の皮膚はとてもふやけた状態になります。

 

湿ってふやけた環境は、白癬菌にとってとても住みやすい環境です。しかし、湿った環境を好むのは白癬菌だけではありません。

 

皮膚の内部で増殖したいと願っているのは、白癬菌だけではありません。ブドウ球菌などの細菌類はいつも人間の身体で増殖する機会をうかがっています。そして、細菌類は湿っている場所が大好きなのです。

 

白癬菌によって食い荒らされた角質層は、本来のバリア機能が低下しています。その上、汗やリンパ液で湿ってじくじくしています。

 

ブドウ球菌などの最近は、こぞって弱くなった角質層に入り込んで増殖します。

 

そして、強烈な悪臭を放つのです。

 

 

足の臭いの対策は?

水虫の臭い対策は、何と言っても乾燥させることです。しかし、いくら外部からドライアーを当てたりして乾燥させても内部からリンパ液が放出されているのであまり意味がありません。

 

最も効果的な臭い対策は、やはり「水虫の治療」を徹底的に行うことです。

 

水虫の治療は次のステップで行います。

 

  • 足を泡立てた石けんでよく洗う
  • 石けんを大量のお湯で流す
  • タオルで拭き、乾燥させる
  • 薬を広く薄くまんべんなく塗る

つまり、清潔にして薬をしっかり塗ることが一番効果的な方法なのです。

 

臭い対策に使う薬は水虫の治療用のもので構いません。その中でも、細菌を殺菌する作用があり、角質層のバリア機能を高める作用があるものを選びましょう。

 

水虫の中でも、足の指の間にできる趾間びらん型白癬症が特に悪臭を発しやすくなります。足を洗うときは足の指の間までしっかりと洗いましょう。赤みが強い時には、亜鉛化軟膏をガーゼに薄く塗り、水虫のある指の間に挟みます。ガーゼは一日一度取り替えます。

 

しっかりと治療していると、足の臭いは1週間ほどで軽くなって行きますよ。

 

 

スポンサードリンク
   

お店で買えないおすすめの治療薬情報

男性用

クリアフットヴェール

肌を守りながら水虫菌を協力殺菌してくれます

クリアネイルショット

クリアネイルショット

81%が効果を実感!爪水虫の根本対策の必須アイテム